ライブ為替率の用法

リアルタイムの為替比率を使おうと思っても、延々と等級がありすぎて迷う事が多いものです。為替イメージに図表による時折、いかなる施術があるでしょう。ある時は5食い分足、またある時は2ターム足という、その時々でリアルタイムの為替比率を解るための図表を差し換える顧客がいますが、ほとんど驚愕できません。リアルタイムで図表の行動が分かるという点では同じですが、その時々で違う図表世間においていると、投機アクティビティーが使った図表にて変わってしまい気味だ。ともかく、何等級化のターム足図表を参照行える状態にして、それらを見ながら投機を行います。図表世間を確認しながら運用を通してみて、自分にしっくりくるターム足は何れかを見つけます。毎度、トレードする度に異なるターム足のものを見ていたのでは、為替比率の動きをイメージできるようになりません。その場その場でまかなう図表や比率を変えていたら、いつまでたってもトレンドは読めないままだ。FX事務所は、現実の為替比率によるデモトレードができるページを作っていますので、図表の思い込みはそこで知るといいでしょう。どの図表世間を使うって運用がしやすいかを、デモトレードを通して見極めます。大方、長期の為替投機を想定している場合は日足や週間足で比率の動きを見るといいですし、デイトレの場合は分足やターム足が使いやすいといいます。為替比率を把握するために取り扱うリアルタイム図表をどれにするかは、どういった投機をしたいと思っているのかにもよるようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ