実際の効果が薄い健康食品

実際の効果が薄い健康食品を、高額な値段をつけて販売してくるような企業も存在します。ネットの通信販売では、詐欺商品なども多くなってきているといいます。健康食品販売に伴う詐欺事件には、一体どういったものがあるのでしょう。通信販売による健康食品の詐欺の被害にあったという人も、少なくないようです。この所多くなったといわれている詐欺の例としては、申し込んでもいないのに急に健康食品が販売店から送られてくるケースです。買った覚えがない買い物をしたことにされて、料金を支払うように強引に迫られるのです。縁もゆかりもない商品が自分の家に届き、何だろうと思っていると、販売店から商品を送ったので料金を払って欲しいとさも当然のように言われます。受け取った人の中には、実際には申し込んでいないのにも関わらず、商品を受け取ってしまっているから仕方が無いとあきらめて、代金を支払ってしまう人もいるそうです。一人暮らしの高齢者のような、弱い人がターゲットになりやすい方法です。料金の支払いを渋っていると、脅迫のようなこともやってきます。こういった健康食品販売の詐欺は、送りつけ詐欺とも呼ばれており、最近特に多くなっているといいます。健康食品の販売に関わる詐欺は、高齢の人を狙った犯行が多く、健康食品も高齢の人に合わせて作られた商品によって販売されている場合もあるようです。買った覚えがない健康食品が自宅に届いたという時は、悪質な販売業者に騙されているかもしれないと思って、慎重に行動することが大事になってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ