食欲を差し止めと偽食欲

偽食欲は何かを認識する結果、食欲の管理がやりやすくなるといいます。人間の人体は、長らく料理をしないでいると肝臓のグリコーゲンが少なくなり、食欲を刺激します。おなかがすいたと感じるのは、グリコーゲンが少なくなるという血糖件数が下がるためです。偽食欲は、血糖件数が減少した結果憶える空腹感じだ。実際の食欲とは違うことからこういう言い方がついている。料理の時間になったからとか、美味しそうだからとか、実際の食欲は関係ないものの事です。自身が有する本能ともいえる想いが、食欲であるといえます。偽食欲のものを解ることが、食欲の管理を理解するための肝要を握っている。偽食欲は、こういう食欲によって料理をしなくても自身は生きていけます。一方、規則正しい食欲は、自分において生きていくためのものです。食欲を抑制することなく、食べたいときに食べたいものを召し上がるという自分がいる。食欲を抑制して料理を切り落とし、シェイプアップなり健康維持なりが狙うという自分は、少なくありません。偽食欲はとりわけおなかがすいていなくても食べたくなる想いですから、それでは美味しそうな物を見ないようにする事が大切です。食欲が強くて減じきれないという場合でも、それが偽食欲であれば抑制しても人体に悪影響がないことは覚えておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ